研究開発課題3-2

デュアルモードバスなど先進的バスシステムの自動運転化及び運行システムの開発

グループリーダー

名古屋市北東部を走るデュアルモードバスは、高架の専用道を走行する軌道と、一般道を走行するバスのそれぞれの利点を組み合わせたものです。専用軌道上ではハンドル操作なしで走行しますが、これは車両前輪と連動する案内装置が軌道上のレールをトレースすることで実現しています。本テーマでは、このようなレールがなくても自動走行を可能とする自動運転技術を開発するとともに、名古屋市において今後導入を予定しているSmart Roadway Transit(SRT)や他の基幹的なバス路線にも技術展開することを視野に入れ研究開発を進めていきます。

MEMBER

デュアルモードバスなど先進的バスシステムの自動運転化及び運行システムの開発

[at]は@に書き換えてください。