研究開発課題5-2

先進モビリティ等の実装に伴う法的課題の解明

グループリーダー

先進モビリティなどの実装に伴う法的課題の検討を行います。自動運転車や小型モビリティなどの実装やサービスなどに伴い、既存の法規・制度では対応しきれない問題が生じることが想定されます。また、新しいサービスによって交通主体のあり方や関係性の変容にともない、法的責任に関する新たな問題が生じることも考えられます。この際、法律家だけでなく、先進技術や交通政策といった他の研究開発課題と連携することで、これらの問題が社会的に顕在化するのに先んじて課題抽出や問題点分析を行い、今後必要となる法整備を提案していきます。

MEMBER

先進モビリティ等の実装に伴う法的課題の解明

中川 由賀

NAKAGAWA, Yuka

  • 名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授
  • 中京大学 法学部 教授
  • 弁護士

nakagawa-yuka[at]law-consulting.jp

[at]は@に書き換えてください。